ごきげん漢方川田薬局<健食・化粧品販売部>のブログ

店舗からのお知らせや、当店で扱う健康食品・化粧品に関する情報ブログ

未分類

牡蠣と熊笹の共通点

投稿日:

漢方薬局のスタッフなので、漢方薬やサプリメントが豊富にある環境で仕事をしているのですが、現在のお気に入りは「熊笹」と「牡蠣肉」のサプリメントですね。ショップページの方も、スタッフの一押し商品なので、先日また新たに追記しました。

バンフォリン5  ヴァイタルゲン錠

熊笹と牡蠣の共通点と言えば、どちらも胃腸に良いところですが、「胃腸に良い」という表現は、少し漠然としているので、できるだけ正しく言い換えると、 どちらも 「胃に優しく、胃腸を育てるもの」だと思っています。

サプリメントの中には、胃腸の動きを盛んに、活発にしてくれるものも多く含まれます。胃腸に良いと聞いて、空腹時に飲んでみると、スパイシーだったりして、刺激が強かったりするものもあります。「胃腸に良い」と言っても、胃腸がデリケートになっている空腹時には、刺激が強いサプリメントもあると思います。

ところが、食後だったり、適切な時期に飲むと、その刺激で胃腸の動きが活発化されて、その結果食べたものが早くしっかり消化されるので、全身の栄養吸収・代謝が上がって、間接的に胃腸の粘膜も健康度も上がっていく場合があるでしょう。

ただ、まさに直接的に、粘膜を養い、育てたいといった観点から見ると、熊笹と牡蠣のような 「胃に優しく、胃腸を育てるもの」 と「胃腸の動きを盛んに、活発にしてくれるもの」は、共に「胃腸に良い」とは言っても働くところが違うと言えるかもしれません。

体調の落ち込みがあると、体がデリケートになっているので、高級・高品質のサプリメントでも、消化吸収できていない場合もあるようです。少し歯がゆい話ではあるのですが、高級・高品質のサプリメントで、身体を作っていかねばならない、切実な状態なのに…というケースがしばしば見受けられます。

熊笹や牡蠣は、本来は胃腸に良いだけでなく、外部から体を守る力やストレス・変調に動じにくい体を作っていく大切な働きがあるのですが、上に書いたような消化吸収の葛藤を生じるどころか、そのようなデリケートな胃腸を育て、向上していくので、二重良いと言えるのですね。

※ 以下は13年も前に私が書いた日記ですが、この頃の私は熊笹や牡蠣がまだ必要でなかったようです。この頃はむしろ、食欲も旺盛ですから、 「胃腸の動きを活発にしてくれるもの」 が合っていたように思います。

旧・泰山日記~自然流~より「味見のおかげ」

Posted at 2006.03.17 Friday
こんにちは☆ みみこです。昨日は薬局でウェブ制作をしながら、薬草、青汁、酵素…‥などなど、仕事中にいっぱぃ味見をしてしまいました。毎日のように味見をするようになって、もう一年くらい経つのですが、体調はというと、「不思議に元気!」という感じです。
私の今している仕事は、クリエイティブな制作が中心なので、不規則な生活に陥りやすいし、アイデアが出ている時には、仕事に熱中し過ぎてしまい、遂には「最悪の状態」まで落ち込んでしまうことも、しばしばあります。(私の悪いクセでもあります ) が、なんといっても職場が漢方薬局なので、体調が悪い時に飲むものが沢山あるし、目の前にいっぱぃ置いてあるので、やっぱり試食・試飲してしまいます(~泰山先生いつもありがとう♪~)。それで大体、試食・試飲したその日のうちに、バァ~ッと体の奥に溜まった汗が吹き出してきて、ケロリッと治ってしまんです。
そういった環境で働いているスタッフだから、わかることなのかもしれないけれど、複数のサプリメントの相乗効果って本当にすごいですね。そして、ちょっと複雑な症状の時は、漢方薬を処方して頂くのですが、これはもっとすごいです。漢方薬は長く飲まなければ効果がないように一般に言われていますが、体質に合えば案外即効性があるみたいですよ★

-未分類

Copyright© ごきげん漢方川田薬局<健食・化粧品販売部>のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.